賃貸住宅について

賃貸とは、住宅を賃貸借の契約に基づいて他人に住宅を貸し出す事を言います。
賃貸住宅を大きく分類すると新築の時から貸し出しを目的として建築された分譲マンション、アパート等のタイプと、戸建やマンションを購入して、経済的な理由が転勤等で住めなくなったために、賃貸とするタイプに分類する事ができます。
賃貸住宅の所有者としては企業や個人が賃貸を行う場合と、公的機関が賃貸を行う場合があります。
所有者が個人の場合は、個人で借りる方を見つけるのは難しいので不動産業者に仲介を依頼する事が多く、最近では管理会社に運用を依頼する方法もあります。
公的機関と言うのは、地方自治体、住宅供給公社、都市再生機構等があり、地方自治体の物件は福祉を目的としている場合や比較的所得の低い方を入居対象としている場合が多いので、家賃は比較的安くなっています。
賃貸住宅の場合、一般的に契約をする時、家主や大家に礼金、敷金、保証金を渡し契約成立となります。
但し、礼金、敷金、保証金の支払いは様々な、地域に必要なかったりします。
これらの費用は、地域の習慣等で必要となったり不要となっている事があるので、事前に確認する必要があります。
また、最近では、敷金、礼金、保証金を入れると、高額となり入居率が下がるので、敷金や礼金を不要とする物件が増えています。
敷金は、入居者が借りている時に、傷を付けたり破損させた場合の修繕費となるもので、退出する時に、何もなければ返金されるものです。
礼金は、字の通り礼金となるので、返金される事はありません。
保証金は、家賃を滞納した時に補う性質のもので、物件によって返金される場合と、されない場合があるので確認が必要です。
賃貸と言えばアパートやマンションをイメージしますが、マンションの賃貸には分譲賃貸マンションと賃貸マンションがあります。
賃貸マンションは、賃貸を目的として最初から建てられたマンションで分譲賃貸マンションは、分譲マンションを購入して、後にマンションを賃貸とした物件となっています。
分譲マンションは賃貸マンションと違って、一生住む事を前提として設計されているので、ハイグレード仕様となっており、また、室内の設備も充実しているので賃貸マンションより快適に生活する事ができます。
他にも、賃貸マンションの方は家賃が安いので手軽に借りる事ができますが、古いマンションとなっている場合が多いようです。
対して、分譲マンションの物件は、もともと分譲マンションとして設計されているのでセキュリティもしっかりしている場合が多いので安心して住む事ができます。
この様に、賃貸マンションと分譲賃貸マンションは、大きな差があり、分譲賃貸マンションに住む方は、分譲マンションを購入するには資金が不足するが、設備やセキュリティが充実しているマンションと望む方が借りるようです。

住まいの賃貸情報をチェック!

Copyright (C)2017賃貸生活を快適に〜狭くても古くても大丈夫!〜.All rights reserved.